基礎代謝をあげることで効率良く痩せられる|魅力的なダイエット

ダイエット

動くことも大事

体重計

冬から始めるダイエット

代謝量は、年齢や体格によって異なるだけではなく、季節によっても上げ下げがあり、夏よりも冬の方が体温を保つ役割から基礎代謝は高く、ダイエットに向きやすい時期です。安静時など、何もしていなくとも、細胞を維持する目的で自然と消費されるカロリーの中でも、1日に消費される約7割が基礎代謝であるため、代謝をあげることはカロリー消費のためにも重要です。一般的に冬の方が太りやすいイメージが持たれていますが、寒さによる運動不足や年末年始の暴飲暴食が原因に挙げられています。基礎代謝があがる冬に太りやすい場合、代謝のメカニズムを意識し、身体を温めることにより、効率良くエネルギー消費ができるメリットが得られ、なおかつバリア機能が高まり、風邪などのウイルスにも強い身体づくりも可能です。

中年太りが解消

身体に負担をかけない理想的なダイエットでは、エネルギー消費を担う基礎代謝をあげることがポイントです。運動などを行わなくとも、内臓や骨格筋などでエネルギーが消費されるものの、加齢によって低下してしまう点に難色が示されています。年齢に負けず、代謝をあげるために最も重要なのが骨格筋で、骨格筋の増加、あるいは維持のためにもスポーツやストレッチなど、アクティブダイエットが人気を集めています。定期的に筋肉を使うことで骨格筋を増やし、増えることで熱を生み出したりエネルギー消費を担う基礎代謝をあげることができ、消費カロリーが増えることで食べても太りにくい健康的なダイエットに結びつけられるため、中年太りに悩む男女から人気を集めている内容です。